等身大の自分 そこに集まるお客様

発信する内容によって集まってくる人は決まる

サッカー情報を発信している人には、
サッカー好きが集まってくるだろうし、

子育てについての想いを発信している人には、
その想いに共感する人が集まってくるだろうし、

クリック1つで簡単に稼げる、というようなことを発信している人には、
簡単に稼ぎたいと思っている人が集まってくる。

物販でも同じで、
商品の見せ方によって集まってくる人は決まるのだと思う。

激安!お得!という商品の見せ方をすると、
とにかく安く買いたい人が集まってくるだろうし、

高級感を演出した商品の見せ方をすると、
値段ではなく、良い商品、良いサービスを求める人が集まってくると思う。

じゃあ、自分はどういう発信をするのか。

物販の場合は、
お客様と直接会うことがないので、
実際の自分とは違っているとしても、
買っていただきたいお客様が集まってきてくださるような発信ができるための
お店のキャラクター設定をして、
お店の雰囲気も商品の見せ方も含めて
一貫性を持たせて発信していくのがいいと思う。

でも、
スカイプやセミナーなどで、
将来、お客様と会う可能性があるような情報発信の場合は、
集まってきてほしいお客様のことばかりを考えて、
実際の自分とは全く違う発信をしてしまうと、
お客様と会ったときに、いつもの発信となんか違うと思われ、がっかりさせてしまう可能性もあると思う。

また、偽りの自分での発信は、言葉に想いがのらないと思う。

等身大の自分であることはとても大事で、
その上で、お客様を意識することが重要なのではないかと思います。