ターゲット 私が想いを伝えたい人

自分が想いを伝えたい人はどんな人なのか
どんな人に何を伝えたいのか

それを明確にしておくこと、
そして、それを常に意識することで、
発信する内容は変わる。

私は、
「自分で稼ぐ力をつけたい女性」に
「会社員として働く以外に稼ぐ選択肢がある」ということを伝えたい。

それなのに、
旦那の給料が上がったー!わーい!
なんていう発信はするべきではない。

でも、
「お金を稼ぐことは旦那に任せて、家事育児に専念したい女性」に向けて、
発信したいのであれば、
そういう発信はアリかもしれない。

誰に何を、ということを意識せず、
自分の日々の想いをただただ発信していたら、
本当に伝えたい人に嫌われてしまうかもしれない。

誰に伝えたいのか、
そしてその人は、
どんなことが好きで、
どんなことが嫌いで、
どんなことに悩み、
どんな毎日を過ごしているのか、
どんな情報を欲しいと思っているのか、
そういうことを意識して発信すると、
本当にそういう人の目に留まり、
集まってきてくれるのかもしれない。

全ての人に好かれることは無理だし、
そんなことを目指しても意味がないけど、
本当に伝えたい人にだけには、嫌われないように、
好きでいてもらえるように、
何をどんなトーンで発信するのか、
意識していきたいと思います。