三浦孝偉さんと原田翔太さんとの対談!

今日のBEC Online schoolは、三浦孝偉さんと原田翔太さんとの対談音声です。
貴重な貴重な対談音源。

ですが、
1回目聞いたときには、 ・・・ 意味が分からない。
2回目聞いてみても、  ・・・ 違う次元の人が話している。

何度も何度も聞いて、
今の自分が拾えたエッセンスをお届けさせていただきます。

———————-

キャラクタービジネスは、
これまで交わりのなかったものを繋げることができるビジネス。

例えば、TVCMのキャラクターが分かりやすい。

ラーメンにはあまり興味がなかった人が、
広瀬すずの出演するチャルメラのCMを見て、
ちょっと食べてみようかなと思って買って食べてみる。

それは、
広瀬すずの出演するCMが、
ラーメンと、CMを見る人とを繋げてくれたということ。

情報発信でも同じで、

これまでその存在すら知らなかったもの、
存在は知っていたとしても、
全く興味がなかったものがあったとして、

自分が好きな情報発信者がそれを勧めているのを見た途端、興味が沸いてくる。
買ってみようかな、やってみようかな、と思ってしまう。

そんなことがあると思います。

では、逆に情報発信者として、
どうすれば、
これまで交わりのなかったものを繋げることができるのか、
どうすれば、
これまで興味がなかったものに興味を持ってもらえるのか。

自分のフィルターを通して発信し続けることが大切なのかなと思います。

自分のフィルターを通して発信することで、
他の人とは違う、自分の発信になり、
そのものの魅力を自分の言葉で伝えられる。

そうすることで、
発信を受け取ってくださった方にも興味を持ってもらう。

これまで交わりのなかったものを繋げることができるということは、
情報発信の大きな魅力の1つだと思います。

自分自身が魅力的な発信者となることが第一ですが、
その上でたくさんのヒトとモノを繋げられるような発信者を目指したいと思います。