マーケティングとは?

「マーケティング」という言葉を聞くと、
なにやら難しいことのように思ってしまいますよね。

ウィキによると、
~企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。~
との説明がありました。

余計に意味がわからない。

でも、BEC Online Schoolには、、
マーケティングについてのとてもわかりやすいコンテンツがあります。

一言で言うと、
マーケティングとは、
「商品をお客様に売る為の「戦略」「戦術」すべて。」というもの。

私たちは、毎日何かしら商品(モノ・サービス)を買って生活していますよね。
自分がそれを買った裏にはマーケティングがある!
そう考えると、難しそうな「マーケティング」もおもしろそうに感じませんか?

——————————-

マーケティングとは、
商品をお客様に売る為の「戦略」「戦術」すべて。

どんな商品をどんなお客様にどうやって売るのか、
それが全てマーケティング。

これまで、長い人類の歴史の中で、
「モノ・サービス」の売り買いはずーっと行われてきた。
その中で様々なマーケティングノウハウが生まれてきている。
成功事例、失敗事例も山ほどある。

だから、
「モノ・サービス」を売る戦術、戦略を立てるときには、
これまでの事例をマネればいい。

流行り廃りはありますが、
売れるものは売れるし、
全く売れないものは全く売れない。
そこには、必ずマーケティングがあり、
売れるもののマネをするのが成功への近道。

ただ、過去の事例をそのままマネても、
ただのパクリで終わってしまう。

過去の事例に自分なりのアレンジを加えることがとても大切だと思う。

過去の事例のどれをマネるのか、
それのどの部分をマネるのか、
どのようにアレンジするのか、

それによって、何通りものマーケティングが生まれる。

そして、
マネすることから始まっていても、
アレンジを加えることによって
それが新しいマーケティングになるのだと思います。

そしてさらに、
それが誰かにマネされたとしたら、
成功事例になったということなのかもしれない。

BUYMAで考えてみても、
最初は、他のパーソナルショッパーさんのモデリングをしましょうと言われるのが一般的です。
モデリングという名のマネ。

そして、少しうまくいき始めると、
自分をモデリングするショッパーさんが現れる。
成功している証拠ですね。

ただ、モデリングをすると言っても、
どのショッパーのマネをするのか、
どの部分をマネるのか、
どのようにアレンジするのか、
がとても重要だと思います。

1人のショッパーさんのマネをするのではなく、
複数のショッパーさんのいいとこどりをするという方法もあるし、
BUYMAではなく、全く違う分野のマネをするというのも1つの方法だと思います。

マネをするスキルが上がれば、
マーケティングスキルも上がる。

でも、
そのためには、
身近にあるマーケティングに気付くことが重要だと思います。

流行っているもの、
注目を集めているもの、
それがどんなマーケティングをされているのか、
それを考える癖をつけていき、
自分がアレンジするとしたら?というとこまで考えていけるよう鍛えていきたいと思います。