お客様視点と商品視点 - BEC Online School –

今日のBEC Online Schoolのテーマは「マーケティング」です。

マーケティングと聞くと難しそうなイメージが強いのですが、
コンテンツ動画では、
それを具体的にわかりやすく三浦さんが説明してくださっているので、
私の中にも「マーケティングの本質」がスッと入ってきました。

■お客様が必要としているものは何なのかを考え、それを提供すること。
=お客様視点

■素晴らしい商品やサービスを、それを求めているお客様に提供すること。
=商品視点

この2つの視点がマーケティングの本質の本質だということです。

どちらの方が重要かではなく、どちらも非常に重要。

いくら素晴らしい商品があったとしても、
誰も必要としていなければ、売れない。

すでに商品(サービス)がある場合には、
お客様と商品(サービス)とをいかにマッチングさせるかが重要だし、

新しく商品(サービス)を開発する際には、
お客様が求めているものを形にすることが重要なのだと思います。

例えば、BUYMAで商品を出品する際に、
自分が好きなブランドの商品を、これは絶対に売れるはずだと思って出品したとしても、
BUYMAを見ているお客様が欲しいと思っていないのなら、全く売れない。

自分がいいと思うものという基準で出品したところで、
お客様が欲しいものとは一致しないんですよね。

だから売れない。

BUYMAで商品を探しているお客様は何を求めているのか、
どんな商品を欲しいと思うのか、
それを考えてお客様が欲しいと思う商品を出品することが重要で、

どうしても売りたい商品があるのであれば、
それを欲しいお客様はどんな人なのか、
その人はどこにいるのかを考え、
BUYMAというプラットフォームにこだわらずに、
お客様がいる場所で販売するということも考えなければいけないと思います。

また、BUYMAでは、
お客様とのメッセージでのコミュニケーションや、
出品ページの工夫、
商品梱包時の工夫、
配送の工夫などなど、
商品以外のサービスでできることがたくさんあるので、
お客様はどんなことを求めているのか、
お客様はどんなサービスをすれば喜んでもらえるのかを考え、それを提供することも可能です。

商品+サービスをパッケージングして、それをお客様に提供するというイメージ。

お客様視点と商品視点という2つの視点で
自分の活動を視てみると、
新しい発見やもっとよりよくするための方法が見えてくるように思います。

私も、お客様視点と商品視点を持って、
自分の活動に活かしていこうと思います。