自分のビジネスの常識を壊す!

BEC online schoolのコンテンツに、
「飲みながらやりなよ!」という音声コンテンツがあります。

ただ、お酒を飲みながら楽しくやろよということだけではなく、
会社員の仕事では、お酒を飲みながら仕事をするなんてことは考えられないけれども、
今自分が行っているビジネスは、
自らやろうと思ってやっていることなのだから、
お酒を飲みながらでもやろうよという意味が強いように感じました。

ただ、もちろんお酒というのは例であって、
これまで自分が持っている仕事に関する常識を見直すことで、
効率がよくなることもあるのではと考えました。

例えば私の場合、仕事をする(PC作業をする)ときには、
ちゃんとしたデスクに座ってするものだという私の中での常識がありました。
本業の仕事を自宅でしなければならないこともあるため、
自宅にはPCデスクがありますが、
インターネットビジネスを始めたときには、
必ずそのデスクに座って作業をしていたんです。

ですが、子どもが生まれ、子どもを見ながら(子どもが寝ている間に)PC作業をしようと思うと、
常に子どもが見える場所にいなければならず、
PCデスクのある2階で作業をするのが難しくなりました。
そこで、ノートパソコンを使って、ダイニングで作業をするようにしてみると、
それまで思っていたよりもずっと快適に作業ができたんです。

今ではそれが当たり前になっていますが、
当時の私にとって、画面の小さなノートパソコンで作業をするのはとても効率が悪いように思っていたので、
ノートパソコンでビジネスをすることは考えられませんでした。

もちろん、デスクトップパソコンで、大きなディスプレイ、デュアルディスプレイで作業するのは効率がいいですが、
そうでなくでも、ノートパソコンでもできることは多かったのです。

仕事とはこうであるべき、という自分が持っている常識を見直してみることで、
よりその時の自分にとってよい状態になれることもありますよね。

一度、いつの間にか自分に身についてしまっている常識を壊してみてもよいかもしれません。